中途採用情報

ホーム»中途採用情報

三晶MECで、あなたのキャリアを活かしませんか

  • 中途採用情報|三晶MEC 株式会社
  • 中途採用情報|三晶MEC 株式会社
  • 中途採用情報|三晶MEC 株式会社
  • 中途採用情報|三晶MEC 株式会社

マシン設計の仕事

私たちが手がける組立自動機とは

当社の自動機部が手がける「組立自動機」とは、省力化マシンのことです。通常、人が手作業でやるような組立を自動化したり、2つ以上のラインにまたがって製造されるものを、1つの工程で完了できる機械を作っています。
たとえば、「プラスチックコネクターを成形するマシンと、その中にピンを打ち込むメカの部分をドッキングさせる」というような、2つ以上のラインや人手が必要なところを、1つにまとめてしまう。そういう、省力化マシンの設計、製造をしています。
工作機械とは、設計の仕方はちがいますね。しかし、組立自動機を手がける企業は、全国でも数少ないため、当社には、工作機械出身の設計者がたくさんいます。組立自動機の設計の仕方は、入社してから学んでいけますので、大丈夫です!

事例1・「コネクター成形 + ピン挿入」のドッキングマシン

製品単価52%削減に成功!

樹脂成形(プラスチックコネクターの成形)と組立(できたコネクターにピンを挿入)は別のマシン、ラインで行うのが主流です。当社は、コネクターになる樹脂部品を成形し、同一マシンでピンを挿入する「樹脂成形+組立一体化マシン」を業界初で開発しました。
実は最近まで、当社も市販の成形機を使ってコネクター成形をしていましたが、成形も組立も同時にできる一体化マシンを業界初で開発しました。
通常、成形機メーカーは成形機しか製造していないし、組立機メーカーは組立機しか製造していません。プラスチック成形と組立機を連携させることが難しいからです。
溶かした樹脂は、デリケートな素材で劣化しやすい。そして組立機は、運転中に不都合が出て止める必要もある。機械が止まれば樹脂が劣化し使い物にならなくなる。樹脂を最良の状態に保ったままマシンを動かす難題に挑戦しました。 マシンの精度が低くて機械が止まってしまうと、樹脂が劣化し、生産効率が落ちるところを、当社は、このマシンの販売にまで結びつけることができました。
当社が培ってきた「プラスチック成形技術」と「自動機製作技術」のドッキングに成功した案件です。今回このマシンの実現で、作業する人の数が減り、別工程へ動く搬送時間も削減できた結果、製品単価を52%おさえることに成功しました。 これまで成形と組立は別工程かつ別工場で行っていたため、人も両工場に置き、成形されたコネクタを別工場に運ぶ手間、時間もかかっていました。
できた樹脂製品を組立る仕事は多いです。たとえば、注射器のシリンダーに針をつけて注射器にするなど。プラスチック製品(樹脂成形をともなう製品)をアッセンブリする工程がある業界に、広く展開が可能だと思っています。

「コネクター成形+ピン挿入」のドッキングマシン

事例2・「ピン成形+ピン挿入」のドッキングマシン

特許も取得!

  1. ワイヤーをつぶすなどしてピンに形状づける(ピンの形状づけ)。
  2. できたばらばらのピンをまとめる。
  3. まとめたピンを組立機に投入しコネクターに挿入する (コネクター成形)。

の3工程をとるのが主流なところを、1つにまとめるマシンを実現させました。(平成23年に特許を取得)

(工夫点)

  • 連鎖ピンにすることにより、2の成形されたばらばらのピンをまとめる工程が省けた。
  • 3の組立機の中で連鎖ピンを切る際、バリを出さずに高品質なピンにする「切断ではなくねじ切る」技術を開発した。
  • 組立の速さにも挑戦し、1分間に2000本のピンをコネクターに打ち込むことを可能にした。

よって、作業工程、時間が短縮され、業務効率をあげることに成功しました。

「コネクター成形+ピン挿入」のドッキングマシン

事例3・最大手温水便座メーカーのバルブ自動組立機

バルブ組立を自動化させた結果、業務効率化に貢献!

主力のコネクター組立機ではない、温水便座のバルブユニット組立機を受注しました。 リーマンショック時の落ち込みを機に、自動車メーカーに偏った営業を見なおし、当社の組立マシンの技術を、他業界で生かすことができないかと考えた末の大きな結果でした。これをきっかけとし、今後は、さらに新業界への営業を強化していきたいと思っています。
これは、既存のコネクター組立機製造の技術を、新業界に応用させた例です。従来は手作業に頼っていた組立を自動化させたいというニーズが同社にはあり、「ばらばらの部品を自動で供給し組み合わせて完成品にする」自動機が作れる当社とマッチングできました。
従来は手作業に頼っていたバルブ組立を自動化させた結果、同社の業務効率化に貢献。7~8社からの提案を受けながらも当社の工場にも足を運んでくださり、コネクター自動組立機の精度の高さに大きな期待を寄せてくださった結果、当社に決めていただきました。

バルブ組立

これをきっかけに、当社の自動機を
他業界に展開していきます!

先輩からメッセージ

転職者に期待すること

私が所属しているプロダクションマシン事業部は設計課、組立課、電機課、部材調達課からなり自動車用及び家電コネクタの自動組立機を一貫製作しています。
各課とも今まで培ってきた技術をより向上させる為日々努力していますが類似機械の製作が多いことから、考えが偏りがちになる部分があると感じています。
他社での経験のある方が入社されることにより違ったとらえ方、考え方ができ、新しい技術に結びつくことを期待しています。
各課ともコミュニケーションをとりながら楽しく仕事をしています!
今までの経験を生かして是非一緒に頑張りましょう!!

猪上新之助

機械設計 猪上新之助
高専卒 2001年入社


メリハリをもって仕事に取り組めています!

弊社は設計室のすぐ隣が組立現場なので、自分の携わった自動機が完成するまでをリアルタイムで見ることができます。機械が上手く動くかはもちろん、図面上では気づけない作業性の良し悪しなどが分かったり、現場の声も直接聞こえてきます。自分にはない観点からの意見が分かる環境で仕事が出来るのは、自分のスキルアップに繋がりますし、弊社の良いところだと思います。
社内の雰囲気は、若い社員や女性が多くいるので元気があり、笑い声がよく聞こえてくるほどです。設計室はデスクワークということもあり静かなことが多いですが、メリハリをもって仕事に取り組めています。

森下夏帆

機械設計 森下夏帆
高専卒 2014年入社


スキルアップにつながる職場です!

自分が設計したユニットで、自分では気づけなかった問題点、解決につながる方法を職場の上司や先輩が優しく教えてくれます。経験豊富な方が多いため、似たような動作内容のユニットを紹介してもらえるので、それらを参考に問題を解決していく事ができます。また、自分の考えた動作と違った動作で設計する人もいるので、「そんな方法もあるのか」と感心させられ、違う考え方を自分の中に取り込み、多種多様な設計をできるようになります。
今はまだ単純なユニットしか設計できませんが、これからは画期的なユニットの設計にも挑戦していきたいと思います。

松永大

機械設計 松永大
大卒 2016年入社

募集要項

中途採用

仕事内容 組立自動機の機械設計、電気設計
経験内容 工作機械などの機械設計・電気設計 3年以上
年齢 35歳まで(社内の年齢構成の理由につき)
勤務地 富山市晴海台8-5
給与 月給20万3千円(大卒入社時の月給)~
※経験、能力により優遇
※昇給年1回、賞与あり
休日休暇 日、土(月3回)、祝日 ※年間110日
諸手当 通勤手当、時間外手当、家族手当等
自動車任意保険の一部補助あり
勤務時間 8:30~17:00(残業代は全額支給)
問い合わせ 毛利・高塚(076-475-7195

エントリーフォームへ