会社沿革

ホーム»会社沿革

昭和51年 株式会社富山パーツ設立 資本金500万円
昭和52年 電卓キーボード生産(月産5万台)
昭和54年 トンボ鉛筆のシャープペンシル組み立て開始
昭和56年 電子タイプライター用キーボード生産開始
昭和57年 成形事業に着手 射出成形機3台購入
自動車用コネクターの成形品を生産開始
昭和60年 成形工場新たに一棟増設
昭和61年 コネクターアッセンブリ開始(部品の複合化)
昭和62年 自社製品「パーツクリーナー」の開発販売開始
昭和63年 自社製品「スクリュークリーナー」の開発販売開始
平成元年 プレス部門の内製化
平成4年 有金工場設立
平成5年 自社製品パージ剤「TADAZO」の開発販売開始
平成6年 自動機部稼動開始
平成7年 ISO9002:1994取得
平成9年 プレス(本江)工場 設立
平成13年 コネクターアッセンブリ(本江)工場 設立
ISO9001:2000に拡大移行
平成14年 三晶MEC株式会社に改名
平成15年 ISO14001:2004取得
平成19年 富山工場設立
平成21年 ISO/TS16949:2002取得
有金工場内にメッキ工場設立
平成23年 中国に常州武進三晶自動化設備有限公司を設立
平成24年 韓国に株式会社三晶KOREAを設立
平成25年 東富山工場設立
平成26年 ベトナムに三晶ベトナム有限会社を設立
現在に至る